主な産出地

中国・ブラジル・マダガスカル・モザンビークなど

特徴

  • 世界各地にて露天掘りにて産出される
  • 中国では山東省・内モンゴル自治区・黒竜江省が3大産地
  • 黒鉛結晶が非常に発達しており粒子が扁平状
  • 原鉱に含まれる黒鉛含有率は3~5%
  • 鱗片が大きいほど耐熱性が高く一番多い需要家は耐火物メーカー
  • 5大特性が最も高く多用途に使える
  • 純度調整が容易で不純物を嫌う用途に使用可
  • 多くの国で産出され供給安定性が高い

代表的な用途

樹脂やゴムの導電・放熱用フィラー

耐火煉瓦・耐熱塗料

熱間加工用潤滑剤

鱗片状黒鉛

鱗片状黒鉛採掘の様子

鱗片状黒鉛について

鱗片状黒鉛製品ラインナップ

製品名固定炭素灰分平均粒径
(代表値)
F3-698.0%以上1.0%以下3μm
F5-698.0%以上1.0%以下5μm
F10-698.0%以上1.0%以下10μm
F20-698.0%以上1.0%以下20μm
F-198.0%以上1.0%以下55μm
FM-285.0%以上13.5%以下55μm
FS-599.0%以上0.5%以下420μm
※当リストにない製品にも対応させていただいておりますのでご相談ください